障害児(者)地域療育等支援事業
グループホーム&自立生活
豊橋障害者就業・生活支援センター
ファットリア「葦毛の里」
児童発達援助センター岩崎学園
 
事業概要支援内容法人組織沿革年表情報開示苦情解決窓口求人情報アクセス 
 
 
体験利用の思い出
 

新實育子(愛知・岩崎通勤寮/ジャスコ豊橋店勤務)

 はじめて岩崎通勤寮にきた時、ウイークエンド体験をやった。夜しんぞうがドキドキしていたくなった。光輝寮に帰りたくなった。今泉先生にあいたくなった。でも通勤寮の先輩がおうえんしてくれた。「がんばってね」と。

 つぎは体験利用だ。日東電工にいった。仕事をがんばってやった。社員の安原さんが、「卒業したら日東においで」といってくれた。でも会社のつごうでだめといった。ほんとうは日東に行きたかった。

 その次の体験利用は、ジャスコ豊橋店の農産で実習をした。農産の男の人は、カッコよかった。でも私は、仕事に夢中だった。おばさんたちは、やさいのふくろづめをおしえてくれた。原さんが「いっしょに働いてくれますか」といったので「はい」とこたえた。

 今は通勤寮で自立の勉強をしながら、ジャスコで働いている。農産うりばは、なれるたんびにどんどんきびしくなってきた。いろいろと仕事のことをいわれていやだったけど、いつも笑顔でお店に出て、お客様を笑顔でむかえている。しょうらいは、ジャスコでいい人をみつけてけっこんしたいなあ。
 

体験レポート[1]2][3][4]