障害児(者)地域療育等支援事業
就労生活支援センター岩崎通勤寮
豊橋障害者就業・生活支援センター
ファットリア「葦毛の里」
児童発達援助センター岩崎学園
 
事業概要支援内容法人組織沿革年表情報開示苦情解決窓口求人情報アクセス 
 HOMEグループホーム&自活生活
 
 
 
   ごあんない
 
知的なハンディキャップのある方たちが
あたりまえの暮らしをする暮らしの基本になる「衣食住」を
自ら選ぶオーダーメイドの暮らし
   グループホーム「スイートビレッジ」
 
 大人になったら家族の絆を糧に、親から独立して暮らす。一人暮らしが不安な人達でも、そんな願いが実現できるのが「グループホーム」です。グループホームは、福祉施設ではありません。住居契約と暮らしをサポートする地域生活支援システムの一つです。地域の賃貸住宅に4〜5人で入居して、それぞれの職場へ通勤します。家賃や生活費は各自が負担し個室も完備。プライバシーを守りながら共同生活のスケール・メリットを生かして暮らす、新しいかたちの生活空間です。日常生活に必要な助言や相談、食事の提供などは、専任の世話人がサポートします。一方、入居者や世話人からのヘルプコールや財産管理など専門的な援助は、バックアップ施設の岩崎通勤寮がサポートします。大家は地域住民である地主さん、隣近所も地域の人達。こうした環境が、お互いの理解をより深めて、偏見や差別をなくしていく良い機会になっていきます。生涯収支を充分にシミュレーションし、自分の経済力で得た生活の質と豊かさを実現する‥‥。グループホーム「スイートビレッジ」はそんな暮らしのご提案です。
   マンション・アパートでの暮らし
 
「必要なサービスを自分で選ぶ」。普段、私たちの暮らしの中では当然のように行われていること。知的障害がある人たちも、「選びたい」と思う気持ちは同じ。それぞれにあったライフプランを提案し、マンション・アパートでの暮らしを応援します。
   お問い合わせ先
 
就労生活支援センター「岩崎通勤寮」
豊橋市岩崎町字利兵72-2 〒440-0022
TEL:532-61-2062(岩崎学園代表) FAX:0532-63-8788