情報開示
学園のベルマーク運動
サービスのご案内 実習農場・実習工房 学園の生活風景 学園の歴史・ものがたり 本・映画・レポート 学園のイベントの記録 知的障害関連リンク集
 
   
集票点数達成歴 購入品リスト ベルマークの集め方 協賛企業一覧
 
学園では1966年よりベルマーク運動に参加しています。たくさんの方々の寄贈のご協力と、整理作業に参加して下さったたくさんのボランティアの方々に支えられ、学園は1998年にベルマーク収集全国第2位という記録を達成することができました。ベルマーク運動を通して地域とのコミュニケーションも深まり、思わぬ波及効果も生まれています。(写真は昨年秋に購入したばかりのウッドデッキ。完成の記念にベルマーク整理に協力して下さっている「NTT OB・若草会」の皆さんに集まっていただきました。)
 集める
 岩崎学園は定員65名の施設です。園児の父母の皆さんにもベルマーク収集に協力していただいておりますが、もちろんそれだけでは全国第2位という記録を達成することはできません。学園のベルマーク収集は、近隣の小中学校や様々な個人・企業・団体の皆さまのご好意によって支えられています。
寄贈者名
寄贈開始
 ファミリー(代表/二村政彦)
 昭和47年〜
 愛知県写真材料商協同組合  昭和50年〜
 中部善意銀行  昭和50年〜
 豊橋友の会  昭和51年〜
 小坂井町立小坂井西小学校  昭和55年〜
 豊橋善意銀行  昭和55年〜
 豊橋市立東部中学校  昭和57年〜
 豊橋ライオンズクラブ  昭和59年〜
 豊橋市立東陽中学校  平成1年〜
 豊橋市立高師小学校  平成7年〜
ベルマークを寄贈して下さっている方々の一部をご紹介させていただきました(敬称略)。ご紹介できなかった皆さま、ごめんない。
 整理する
 
 収集したベルマークの整理には、ボランティア団体の皆さんにご協力いただいています。学園の食堂「リストランテ・ベネベネ」に隣接した「北食堂」と呼ばれる小さなキッチンのついた部屋が、整理作業の本拠地。気ままにお茶を召し上がっていただきながら、和気あいあいとした雰囲気の中で、行われる作業は何とも楽しそう。気の合ったメンバーと定期的に顔を合わせ、雑談に花を咲かせながらのベルマーク整理は、ボランティアという意識を越えて、生活の中のコミュニケーションの場として、必要不可欠なものとなっているようです。地道なボランティア活動を長く続けられる秘訣というのは、実はこんなところにあるのかもしれません。
 ベルマーク整理に欠かせない道具たち
 
ハサミ
虫メガネ
ピンセット
 
集めたベルマークをチョキチョキ‥‥。ベルマークを切り取るのに欠かせないハサミ。
小さな企業番号を確認するのに必要な虫メガネ。年配のボランティアの方々にとっては必需品です。
分類整理のデリケートな作業には、ピンセットが大活躍。
分類箱
 
切り取ったベルマークは、1枚1枚に印刷された
企業番号ごとに分類していきます。
ベルマーク整理作業中のボランティアの皆さん。