COOKING
コンシュタンティン・ヴァルダドルフ伯爵の料理レシピ

フンギポルチーニのリゾット

コールラビの野菜詰め

 「ファットリア 葦毛の里」に、ビエトラ、コールラビなどの珍しい野菜の種を届けてくれるのがファットリアの良きアドバイサー・ウィーン在住のドイツ伯爵、コンシュタンティン・ヴァルダドルフさん。ヴァルダは「森」、ドルフは「村」を意味するそうで、日本でいえばさしずめ「森村」さん。

 伯爵の本宅はミュンヘンの北、ドナウ川沿いの町レーゲンスブルグにあるお城。レーゲンスブルグのレストラン「Rosenpalais(ローゼンパレ=薔薇の宮殿)」は、彼の弟クリスチャンがオーナーシェフ。この店のホームページは伯爵の手によるものです。

 バリトン歌手でもある多才な伯爵ですが、大の料理好きでその腕もプロ並み。屋敷の中にプライベート菜園も持つほどのこだわりよう。そんな伯爵がこのサイトのためにアレンジしてくれたレシピをご紹介します。

ローゼンパレのURL‥‥
http://www.rosenpalais.de/